歌でも作詞しないと走ってられない。大歩危小歩危を眼下に

小説、俳句  芸能
10 /13 2017
祖谷筏流し歌
1.筏流しにゃ娘はやれぬ やれぬ娘が行きたがる
2.粋な仲乗り 水棹のよさよ 背なの半纏 昇り龍
3.しるし半纏 男の意気地 さらしに娘の守り札
4.娘戻れよ子供を連れて 筏乗りには明日がない
5.四国三郎見せたいものは一に大歩危 二に小歩危
6.祖谷の渡しでたたずむ嫁女 無事で帰れとお念仏
7.晴れりゃ天国 ふられりゃ地獄 丸太一枚水の底
8.筏乗りなら三途の川を いきな水棹で越えてみる
9.祖谷の甚句でお前を想い 蔓の橋でしのびあい
10. 桜花散り、河鹿の声に 筏乗りとはやめられぬ
11. ともの船頭の筏節 瀞の深さよ ひと眠り

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無如(むにょ)

蒜山在住  

読書と山スキーとバイク