使い方が間違っている

政治  経済  社会
10 /03 2017
ネズミがそろって逃げ出す。正にそのような態の民進党。小池にけられたらまたぞろ他所へぞろぞろ移動する。見ていてこれほどみっともないことはない。これが日本の政治をつかさどる政治家??小池といい詐欺女辻元といい。。腐った女ほど始末に困るものはない。さてさてそういうことを言いたいではなかった。現在左翼とか右翼とか言われいるが、この言葉が妙に現代にはマッチングしない。それは国の運営にイデオロギーが関与していた時代のことであり、それがいま左翼の民進党や社民党共産党の代名詞となっておるが、彼らは自分たちがリベラルだというし、マスコミもリベラルという言葉を彼らの代名詞にしている。この辺からしても、ものすごく知恵が劣っている。そもそもリベラルなんという言葉はアメリカ政治の2大保守党に対して使われた言葉である。民主党、共和党いずれも保守党、すなわちアメリカファーストの政党であり、共産党というものなんか 存在しえなかった時の改革派としての言葉であり、辞書を引いても自由主義者、いわゆるグローバリストに類する人間のことであって、なんで社会主義者や共産主義者にリベラルなんという言葉をかぶせるのだろう。また、かの詐欺女辻元はなぜ自称リベラルのであろう?其れより日本で存在するのは イデオロギーではなく 愛国者か売国者の二面しかない。
誰しも北チョーセン危機やシナの侵略危機にさいして国会の場で、どう対処するのかと時の政府を追及するのがふつうである。しかし彼ら民進党以下通称左翼は 北チョーセン批判やシナの批判を一切したことはなく 安倍政権打倒 カケモリ蕎麦しか言わない。これがなんでリベラルなのだろうか。知性も知恵までも欠落した今の日本である。リベラルとは保守派 すなわち日本でいえば自民党内部の中での政策の違いに関してかぶせられる言葉であり、そんな恰好のいい言葉は、左翼の連中には似合わない。要するに民進党以下は売国奴なのである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無如(むにょ)

蒜山在住  

読書と山スキーとバイク