祝日

政治  経済  社会
09 /18 2017
本来祝日は、国の慶賀を体現したものであった。従って家々の前には日の丸が掲げられて、私たち子どもも何か身の引き締まる思いを持ったものである。それが今は 休みのための祝日となり、だったら一気に取りましょうということで飛び石を3連休4連休にしてしまった。効率的にはそれがいいのかもしれないけれど、祝日の意味が全く失われた。挙句に祝日を増やさんがためにとってつけたようなものが出来上がる。山の日とは何なの? 海の日とは何なの  なぜ11月3日は文化の日なの 明治節ではないのか。勤労感謝の日とは何なのか。 戦後左翼の人間が政府に入り込み、新嘗祭をこのように書き改めたのを皮切りに、今に至る。国の慶賀と農業を基本として成立した我が国の季節感を重視したこの祝日法は今やまったく意味をなさなくなったし、日の丸を掲げる意味もなくなった。こういう処からも国家というものを考えなくなった今の利己的な現代人が育つようになったのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無如(むにょ)

蒜山在住  

読書と山スキーとバイク